B is my B…

泥酔してます。

ぶれいくするぅ

論文投稿&査読作業は一段落。あとは実験準備と11/5までにもう一本論文執筆作業か。この"本業"は苦しくも楽しい仕事だが、業務の少なくとも半分はそれ以外の作業という現実。まあ結局キャリアを重ねるってのはそういうことだ。粛々と手を動かすべし。
10月から"実験責任者"のお仕事。逆に仕事がはかどることを期待。


福島の問題はまだ予断を許さぬ状況だが、breakthroughを得るためには分野に依存せず対処法を広く募集することが最善だと思う。汚染水漏れの問題でも、東電+αでごにょごにょやるよりも、国内外分野は問わず大学や研究機関に対処法を真剣に検討させる。期限付きで。その代わりに東電側に詳細な資料を出してもらう。国民の「知る権利」なんぞどうでもよくて、あくまで検討のための状況説明。期限は半年。成功すれば予算倍増。失敗でも問題なし。半年間手を止めて原発の問題に集中してもらう。…ってのはどうかな。僕なら乗るけど。
それでダメなら何をやってもダメ。