B is my B…

泥酔してます。

ちぇいにぃ

ちょっと暖かくなってきた。眠い。


Cheyenne Kimballのその後が気になって調べてみた。Cheyenneさんは2006年に15歳でデビュー。金髪美女でサウスポーギターな歌い手さん。デビューアルバムは結構ストレートなロックでこれは売れる!と思ったんだけど…その後なんの音沙汰なし。



Wiki(英語)によれば、2006〜2007年は映画のサウンドトラックやライブ、Pat BenatarとキャンディーのCMに出たりしてたらしい。2008年にソロは休止して、Glorianaというカントリーバンドに加入してマンドリンとボーカルを担当、Taylar Swiftの前座でライブを回ったり。カントリー界ではそこそこ売れていたみたい。



しかし2011年、ツアーの途中で突然脱退、ツイッターも削除、フェイスブックも放置状態。理由は不明とのこと。プライベートでは二回婚約して二回とも取り消しになったり、なんだか波乱万丈な感じですな。まだ22歳なのに。


イマドキのカントリーって限りなくロックやポップスに近いんだけど、どうやってチャートのカテゴリーを分けてるんだろう。