B is my B…

泥酔してます。

捨てたもんじゃない

週末は停電なので悔いのないように仕事。サーバー類の電源は落としたが月曜日の立ち上げが不安。何度壊れたことか。


「世界に良い影響」日本トップ…BBC読売調査
この記事の萌えポイントは、常任理事国になれない二つの敗戦国がツートップということ。この調査は影響力に関するものだけど、好感度調査でも日本が上位だったはず。これは何を意味するかというと、我々の価値観や生き様が間違っていないってことなんよ。内省しつつも自虐的につぶれるのではなく、もっと自信を持つべきなのだ。そしてその自信は決して外には出さない秘めたるもの、という美学。それが日本人。

10年ほど前、仏で会議があった時に英、独、日(僕)の三人で飲みに言った。くだらない話が大半だったけど、日本の事を褒められた時に、「いやいや日本はまだまだこういうところがいけないんだ」などと話したら、「どうしてお前は自分の国の事を悪く言うのだ」と言われた事を思い出した。確かに皆自国を悪く言わない(隣の国の悪口は言ってたけど。EU仲悪し)。でもこれは文化の違いなのだ。我々は他人の前で身内を褒めないのと同様、「世界に対して何かをアピールする」という事が必ずしも素晴らしいことだとは考えていないのです。表の虚勢よりも裏の努力、そして努力はきっと報われるという概念が美徳であり、秘めたる誇りを持ちつつ常に内省し発展するという点が重要なのだ…というようなことを説明したんだけど、伝わったかどうかは知らん。ま、あくまで僕の考えだけどね。


「日本人も捨てたものじゃない。うれしさで胸がいっぱい」 尖閣諸島購入で寄付金4億7千万円
そして普段は表に出ないサイレントマジョリティの考えがこうなる。何をどう報道されようが当たり前の事を当たり前と考えれば良いのです。というわけで僕も寄付した。飲み代ぐらいだけど。