B is my B…

泥酔してます。

脱力

羊のショーンは面白い。オヤジの癒し系。


それはそうと、例のドラム本を買ってみた:


これは…評価が難しい本。内容は無駄な筋肉の使い方を直して「脱力」ドラミングを目指すもの。筋肉の説明から入ってそれを効果的に使うトレーニング法を中心に書かれているのだけど…どうにもしっくりこないのは、この本が医学書ではないという点。医学者の監守がなく、筋肉を使う妥当性を「医学的に」説明することなく信じて学んで良いか、というところが引っかかるのです。悪く言うと、超能力者が自らの能力を「科学的」に語っている胡散臭さを感じてしまうのですよ。神目線で。

仮に妥当性があったとしても、常日頃から筋肉の使い方について疑問を持っているドラム経験者じゃないとなかなか理解できないのではないかと思う。利点もわかりにくいし。紙面の制限があるだろうけども、まずこれまでの「一般的な」ドラミングが「科学的に」間違っているというところまで言及してもらった方がわかりやすい。DVDのトレーニング法を真似してみるとカラダがパキパキ言いましたから←ひ弱

もちろん著者の方はちゃんと理解されて書いているだろうし、実際に上手だから、もう少し丁寧な解説をされた方が良いのではないかな、ということです。まともに叩けないくせにアタマデッカチな僕みたいな人間が神頼みでこの手の本を買うわけですから。


もう一つ気になる点。この奏法ってのは多分モーラー奏法なんだろうけど、ドラムマガジンはこれまでほとんどこの奏法に言及していない。にも関わらずモーラーの本をモーラーに言及せずに出すというところで何かイヤンな感じの政治的背景があるんだろうなと邪推してしまうし、結果的に中途半端な内容になってしまうのではないかと。日本でこの奏法がマニアックな位置づけになってしまっているのは、何か黒い見えないものがある気がしてならないのですよ。リンク先の音楽学校もいやに好戦的だし。
ドラマー人口を健全に増やしたいなら、その辺の利害(?)関係をきっちりと整理してもらいたいなーという、素人乙女ドラマーからのお願いです。ちゅっ。