B is my B…

泥酔してます。

四枚目最強伝説

昨夜は嵐。わが街は暴風雨警報発令だったそうな。ヅラが飛びそう。


僕は勝手に『最高傑作は四枚目のアルバム』と思い込んでいるわけだが、ちょっとそれを検証してみたい。もちろん沢山例外はあるだろうから異論は認める。
1枚目

  • 荒削りな感じだが、やりたい事、伝えたい事をストレートに表現し、パワーや疾走感がある。

2枚目

  • 一枚目の反省を生かし、すこし洗練された形になる。プロデューサーを外部から呼んだりして客観的な視点を取り入れる。

3枚目

  • ちょっと色気付く。試行錯誤な感じ。出したアルバムは賛否両論。

4枚目

  • 3枚目の反省を生かし、1〜3枚目の集大成的なアプローチ。客観的な目もずいぶん養われているので、売れる方法も認識している。

…という感じかな。思いつくままバンドを挙げてみると…


Led Zeppelin
1. Led Zeppelin I(800万枚)
2. Led Zeppelin II(1,300万枚)
3. Led Zeppelin III(650万枚)
4. Led Zeppelin IV(2,320万枚)
…まあこれはドンピシャですな。荒削りな1枚目、控えめの2枚目、アコースティックな3枚目、そして天国への階段の4枚目。僕は3枚目が一番好きだけど。()内は全米での売上。売上とアルバムの質は直接関係ないけど、一つの目安ということで。


TOTO
1. TOTO
2. HYDRA
3. TURN BACK
4. TOTO IV
プログレチックな1枚目、大人しめの2枚目、ハードロックな試行錯誤の3枚目、そしてグラミー賞の4枚目。5枚目以降はあまり聴いてない。


Foreigner
1. Foreigner(Billboard 4位)
2. Double Vision(Billboard 3位)
3. Head Games(Billboard 5位)
4. 4(Billboard 1位(10週連続))
今でも好きなバンド。4枚目は神。


The Police
1. Outlandos d'Amour
2. Reggatta de Blanc
3. Zenyatta Mondatta
4. Ghost in the Machine
5. Synchronicity
…うーむ、前提が崩れた。つーか、Policeの場合、試行錯誤が4枚目に来たのよねん。5枚目は最高峰。そして解散。


まあハズレも多いけど、大体の流れはこんな感じかな。Deep Purpleのように途中でメンバーが変わったりするとワケワカメになるけど。


ついでに邦楽もちょっとだけ:

Loudness
1. The Birthday Eve
2. Devil Soldier
3. The Law of Devil's Land
4. Disillusion
間違いなくDisillusionが最高傑作だと思う。この後アメリカ進出。あんまり聴いてない。


Rebecca
1. Voice Print
2. Nothing To Lose
3. Wild & Honey
4. Rebecca IV -Maybe Tomorrow-
これも異論なし。3枚目から土橋キーボード加入で路線が変わったけど。


Unicorn
1. Boom(77位)
2. Panic Attack(18位)
3. 服部(3位)
4. ケダモノの嵐(1位)
ユニコーンの場合は3枚目がある意味最高傑作かも知れないけどねん。


…疲れたので止め。なんでこんなことを書き始めたかと言うと、僕が好きなAshlee Simpsonに期待しているからなのだ。今のところ1枚目ステキ、2枚目ナイス、3枚目ヒドイ…という流れ。次が勝負かもしれん。駄目だったらこの話はなかった事に。