B is my B…

泥酔してます。

また出張

「ちなみに」がちなんでなかったり、「逆に言うと」が逆じゃなかったり。そんな暑い夜。


10月に韓国出張があるのだが、いつでも航空券取れるやろとナメてたら結構満席で焦った。
予定では、ある地方に数泊して最終日にソウルに1泊。楽天で宿を探してみて驚いたのが、ソウルには結構日本語オッケーのホテルが多い事。韓国語オッケーな日本のホテルは聞いたことないのに。まあ日本語が通じるならそれに越したことはありません。


で、思いだした言語の話。以前韓国に滞在した時に、三人(僕・中国人・韓国人)で飲みに行った。当然会話は英語になるが、そもそもこんな近いアジアンな者同士が欧米言語で話すのはおかしいだろうという話になった。


僕「じゃあ日本語に統一しよう」
中韓「英語より難しいよ」
中「中国語はどーだ」
僕韓「発音が難しすぎる。四声は一生わからん」
韓「韓国語にしよう」
僕中「簡単なのか難しいのかすらわからん」


というわけで結論でず。でもなんか英語で話すのが気に入らんということで合意。


いやそもそもね、ノンネイティブは言葉で圧倒的に損をしているわけですよ、特に仕事で。人間の能力や記憶容量に限界があるなら、そのうちの何%かが言語学習に取られているってのは納得いかんわけです。プリプリ。他国の言葉が話せない(話さない)ってのはちっとも恥ずべきことではないのに、そうではない風潮も気に入らん。つまるところ逆デイブ・スペクターを義務づけられているんですよ、我々は。どう考えてもおかしいじゃろ。おかしいのはデイブか。いや彼は悪くないけど。


そこで解決策としては言語トランスレーターなのですよ奥さん。ほら、スタートレックに出てくるアレ(宇宙人が英語を話せる装置)。言語は英語で統一するとして(それも癪だけど)、日本語を話したら一瞬にして英語に変わるというヤツです。PC上で文章の翻訳がすぐできるのだからそう遠くない将来できるハズです。googleあたりが開発してる気がします、多分。絶対売れるって。誰も作らないんなら俺が作る!スキルゼロだけど。