B is my B…

泥酔してます。

生物と無生物のあいだ

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

一気に読了。分子生物学者である著者が、生命の定義についてDNAおよびその構造の発見、自身の研究活動等を通じて考察していく流れ。アナロジーを多用した表現、説明が多いので読みやすい。


とはいえ、生命とは『自己複製システム』であり、『動的平衡にある流れ』である、という結論は理解できるが、なぜそんなシステムが存在し得るのかという、いわゆる因果律を考えてしまう僕は宗教一直線でしょうか。


ちなみにオビにある『科学ミステリー』はちょっと違うじゃろ。